intro-hero-img
海と人と酒。
縁を紡ぐ。
g1_1
g1_2
g1_3
g1_4
g1_5
g1_6
g2_1
g2_2
g2_3
g2_4
g2_5
g2_6
g3_1
g3_2
g3_3
g3_4
g3_5
g4_1
g4_2
g4_3
g4_4
縁屋公式ウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当店、縁屋は創業からまもなく8年を迎えます。
大変なご時世ながらも、ここまで続けられて来れたのは、日頃から応援してくださる皆様のお陰に他なりません。
いつもご来店してくださる方々、そして、これから出会う方々へ、この場をお借りして感謝申し上げます。
home-greeting-img
縁屋の揺るぎない理念、それは「愛」だと考えています。
ご来店してくださるお客様との交流で生まれる「愛」はもちろん、大きな自然のなかで育ってきた食材に対する「愛」、それらを育み、収穫する一次産業の方々への「愛」。
多様な関係性から生まれる、広く、深い「愛」こそ、縁屋の唯一無二のアイデンティティです。
carousel_f4.jpg
carousel_f6.jpg
carousel_f1.jpg
carousel_f7.jpg
carousel_sk1.jpg
carousel_sk2.jpg
carousel_sk3.jpg
carousel_al2.jpg
carousel_ag2.jpg
carousel_ag1.jpg
carousel_ag3.jpg
carousel_ag4.jpg

縁屋を支える

5つの価値

「あのお客さん、この組み合わせで出したら、喜ぶだろうな。」
日々の営業において、常にこの心持ちで取り組んでおります。
お客様が喜ぶ姿を想像し、それを実現するために、一次産業の方々の話を聞き、食材に関する知識を深めながら、実践を繰り返しています。
  • 01
    home-identity-1

    "縁屋"に込められた想い

    「すべては縁(円)のなかに在る」。かつての原体験が、いまの縁屋に繋がっています。
  • 02
    home-identity-2

    第一次産業とのつながり

    食材を育て、獲る人々の想いを汲む。縁屋の皿には、一次産業の方々の想いも込められています。
  • 03
    home-identity-3

    お酒と縁屋

    【お酒無くして、縁屋はあらず】と言えるほど、お酒は縁屋にとって大切な存在です。
  • 04
    home-identity-4

    「おまかせ」と信頼

    日々変わる仕入れと、お客樣の好みに合わせて、最適な一皿を提供できるのが、縁屋のおまかせスタイルです。
  • 05
    home-identity-5

    人と食材がつながる場

    食材やお酒のことをより深く知ってもらうための活動を行っております。

食材を深く味わう

コース料理のご案内

縁屋のコース料理は、その日の仕入れによって、ガラッと内容を変えます。
あえてメニューの枠組みだけを用意し、当日のお客様の様子や好みを踏まえながら、食材の旨みを最大限味わって頂けるように調理を施し、ご提供しております。
惜しみなく手間をかけ、縁屋の味を楽しんで頂けるコース料理たちをご紹介します。

活毛蟹フルコース

活毛蟹フルコース_image

すっぽんコース

すっぽんコース_image

宴会コース

宴会コース_image

より多くの、豊かな縁を求めて。
ファンクラブサイトを開設しました。

/images/components/enishi-iphone.png

より多くの、豊かな縁を求めて。
ファンクラブサイトを開設しました。

新鮮で活きのいい魚介類を届けてくれる『漁師』。料理を引き立てる日本酒を届けてくれる『酒蔵』。そして、いつも通ってくれる『あなた』たくさんの人の「縁」をつないでいくのが縁屋の役目です。
もっと一次産業や生産地と深く関わってほしい。今までよりももっと近いところで食を楽しんでほしいという想いから、この度縁屋は「漁活」というファンクラブをはじめることにしました。
特別な体験が目白押しです。詳しくは以下よりご覧くださいませ。

carousel_f2.jpg
carousel_p7.jpg
carousel_f3.jpg
carousel_f8.jpg
carousel_p9.jpg
carousel_p8.jpg
carousel_f5.jpg
carousel_sk1.jpg
最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。
これからも「縁屋らしさ」を枯らすことなく、自分たちのスタイルを一生懸命追求し続け、ご来店される皆様へ美味しい食材とお酒をご提供して参りたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
アクセス

〒064-0806

北海道札幌市中央区南6条西3丁目6−14秋水ビル 2F

営業時間

平日・土曜日 18:00 ~ 2:00

日曜・祝日休み

電話番号

011-511-7667